【借金は使い道】楽天銀行スーパーローンを使うときに知っておきたい返済方法

どうも、ポジトラです。

 

借金110万円ある僕が、唯一借りられたのが楽天銀行スーパーローンでした。

関連記事
ポジトラの借金ブログ始めます。いや、そんな状態ではないんですけど。

限度額は40万円までで、正直まだこれを使うかどうかは迷っています。

これを使うということは、3社から借りているものの借り換えに使うか、それとも更に借金を増やすかといった話しになります。

ただし、借り換えるには40万だと1本化はできないし、自己資金としてあと30万円はないとキレイに整備できません。

更に借金を増やすというのは、今後の収入元を作るためにお金を使うということです。

例えば、この40万円を使って、月に1万~2万の収入になるようなサービスを作るなど、一時的に借金は増えますが、借金を返していく仕組みを作れないかと考えてます。

実際にお金はかけてませんが、ポイントサイトでは月に2万円ほどの収入があるので、収益化できるものを増やすことは案外近道だと思います。

関連記事
正直ポイントサイトがなかったら人生終わっていました。

 

まずは楽天銀行スーパーローンについて知る。

ローンを使うかどうかは後にして、まずは楽天銀行のローンがどういう仕組みかを知っておく必要があります。

そんなもの申し込む前に調べとけよ!というのは正論ですが、借金している者の心理として、「まずは借りられるか知りたい」から入るので、後手後手になっています。

僕が重要視しているのは、「返済方法」です。

今すでに借りているローンは3社ありますが、2種類の返済方法があります。

・毎月口座引き落し
・ATMで返済

セブン銀行と三井住友カードはATMで返済が可能です。楽天カードはATMでの返済はできません。

どういうことかと言うと、

例えば臨時収入で5,000円の現金が手元にあったとします。それを返済に充てたいな~と思い、セブンイレブンに行き、ATMでセブン銀行と三井住友はその都度返済ができます。

しかし、楽天カードはATMでの返済はできないので、毎月の返済額を締め日までに変更し、返済は毎月固定の返済日でしか返済ができません。

これって、僕にとっては重要なことなんです。(2回目)

元々、借金するような奴ですから、気分に乗せられて行動することが多いのです。(スロットに行けば財布にあるお金は全部使ってしまうし、それでも足りずATMに走ります。)

そんな気分屋には、

今手元にお金があるうちに返したい!このお金をスロットに使ってしまったらダメだから!

みたいな心理によくなります。

だからこそ、1,000円でもあれば返済していきたいし、それによって金利も日割り計算されるので、少しは楽になります。

返済口座は楽天銀行を持っているので、楽天銀行にして返済日は27日にしました。(最悪本業の給料日は25日なので、そこから返済に間に合うように)

これが、毎月引き落としされる最低の返済額です。

僕の場合は40万円までしか借りられないので、最低10,000円は返済日に確保しなければいけません。

随時返済についても掲載されていました。

提携のATMから、そしてインターネットからでも返済ができるので便利です。

返済時に手数料無料の提携先です。

セブン銀行やイオン銀行があるので、その2つさえあれば僕は困りません。

僕が気をつけたいことメモ

・借りるのも返すのも便利だが、それがローン会社の作戦
・随時返済で1万円返済しても、定期引落しはあるので注意

 

【まとめ】借金の知識は必要だと感じた。

借金をしてみて、当然返済するために試行錯誤するのですが、「借金をする」ということ、そして「返済をする」についての知識って必要だと感じています。

最近見たTVで、村上ファンドの村上さんを久しぶりに見ました。

見た目は昔と大きく変わりましたが、現在の村上さんは子供たちに「お金の勉強」を教えているそうです。

日本はお金の勉強を学校でしないし、親からも本当に必要なことを教わらない国です。僕も親から教わったのは、「お金は大切に使いなさい」や「サラリーマンが安定してる」程度のことです。

その教育だけのせいにはしませんが、今タイムリーに学んでいる借金の知識の方が何倍もためになります。

人生は親とずっと過ごすわけでなありません。そうすると、急にお金が必要になることもあります。その時に、「借金は悪だよ」と教わっていれば、まず借金はしないようにと考えるでしょう。

でも、どうしても無理な場合、

「親にお金貸してとか言ったら怒られるだろうな~」

という気持ちが働き、結局は友人から借りたり、カードローンから借りたりするようになります。

でも、借金の知識がないので、

「借りたら利息を添えて返さないといけない」

くらいの知識しか、僕にはありませんでした。

だから、僕がこの借金生活を乗り越えられたら、将来は子供に借金のことを正しく説明し、知識として与え、奨学金も含めて「借りられる信用力とそれを自分の枠だと認識して、自分を最大化しなさい」と教えます。

ようは「借金は使い方」ですよね。

中小企業で言えば、借入れなんて普通だし、運転資金・事業投資など目的は様々ですが、「借金は悪」ではありません。

借金というリスクを背負う代わりに、その分事業規模を大きく構えることができ、売上の最大化につなげることができます。

これは僕が会計や経理をしているから、そういう発想ができるのでしょう。

同僚や同じサラリーマンでも、そういう発想ができる人は多くありません。

まずは、楽天スーパーローンを使うかどうかと、それによってどう返済していくかをしっかりシミュレーションしていき、必ず自分の知識として蓄えていきたいと思います。

 

今読んでいる本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください