海外旅行の航空券&ホテルの検索術!格安プランを探してみよう!

みなさんこのクマさん知ってますか?最近TVでもよく見かける黄色いテーマカラーとこのクマ。よく見るとぶちゃいくですね(笑)

このクマの飼い主がホテルや航空券の予約検索サイト「エクスペディア(expedia)」です!

海外旅行に行きたくてたまらない僕が、よくこのサイトを利用して妄想にふけっています。

今日は、このエクスペディアで普段どのようにして妄想にふけったり、実際に海外旅行をプランしたり、検索したりしているのかをご紹介します!

まずは行きたい場所の料金を検索してみよう


ホーム画面はこんな感じ。

まずはyahooからでもgoogleからでも好きなところからエクスペディアへアクセスしてください。

背景画像が状況に合わせた画像がチョイスされるので、この時点で頭の中は旅行した気分になってます(笑)

さて、このエクスペディアというサイトは、というかこういう大きな検索サイトはホテルも航空券も探せるということ、当然ホテルも航空券も同時に予約すると割引になったりします!

 

ホテルを選ぶ

一番上のタブを「航空券+ホテル」に移動して、「出発地」「目的地」や「出発日」など必要最低限の情報を入れて


今回はベトナムの人気リゾート地「ダナン」で検索。

期間は年末年始の旅行を考えているので12/29~1/3の間で旅行者は3人とします。

ポチッと。


検索が始まるのでドキドキしながら待機。


まずはホテルから表示されます。

デフォルトでソートが「一番人気」に設定されています。

一番人気のキーが何かはわかりませんが、レビューの評価点や、エクスペディアのおすすめ度などで人気は表示されているように思います。

さて、フライト条件はまだわかりませんが、画像にもあるとおり5つ星ホテルが¥159,660ですね。

さすが5星だけあって、利用者のレビュー評価も4.5とすごく高め。空港からの距離もでており、プールの写真もあって、簡易表示でも十分にホテルの良し悪しがわかる感じです。

ちなみに、「料金」で昇順ソートしてみます。


最安値は上から2番目に表示されます。最安値¥79,901ですね~。

最安値から見て行き、ユーザーの評価などを参考に気になるホテルを見つける。そしてそのホテルの詳細をクリック!


ホテルの外観・内観、ロビーから部屋のバスルーム・トイレなどの細かな画像も見れますし、朝食付きならその様子も写真に載っていたりします。


その下にスクロールすると、部屋のタイプなどが選択できます。表示価格は「0」。

そこからグレードをあげていくと1日あたりでいくらチャージアップするかが一目でわかります。

海外では国にもよりますが、基本ルーム料金で計算します。
1人いくらと個人に金額が発生するわけではないので、上記の画像の1泊あたりのチャージアップは1部屋あたりという意味。なので、単純に2人で泊まるなら2人で割ればOKです。

国によって異なりますがドミトリータイプの宿泊先も含まれる場合があります。
ドミトリーとは、相部屋を意味します。宿泊費を抑えたい時などにはとても有効です。価格もホテルタイプに比べれば断然安いです。ただし、2段ベッドや16人共同部屋などもあり、防犯上少し不安な気もします。一応、女性専用のドミトリーもホテルによっては存在します。旅に慣れている方はドミトリーで旅費を抑えてるのもオススメします。

 

フライトスケジュールを決める


部屋の種類を選択すると、次は航空券をチョイスします。


航空券は料金で初めからソートされており、フライト時間・オプションの有無なので料金が高く(下へ)なっていきます。

まずは、料金UPしないゼロ円のものからチェックします。

一番上にあるフライトスケジュールはやはりフライト時間が長いですね。料金を抑える上ではこのくらいフライト時間の長い=中継地での乗り継ぎ待ち時間がすごく長いを意味しますので、理想は直行便でしかも現地で長く遊べるように到着時間がはやめなプランがベスト。

そのベストから遠ざかれば遠ざかるほど安くなります。

そういったときには、画面左にある「絞込み検索」を使いましょう。

出発時間を絞り込みます。この旅行プランでいえば、朝に出発し、遅くとも夜22時までに目的地に着き、帰りは最終日前日にホテルをチェックアウトし、夜中の便で日本に飛び立つことが理想。


探していると、まあこんなくらいの条件なら費用対効果で許せる範囲だと思いました。

ただし、往路は7時間と少し、復路は長めで14時間かかってしまいます。格安の航空券を探す上で一番のネックが、乗り継ぎです。

もちろん直行便が比較的に一番高額になり、乗り継ぎが増えると航空券が安くなります。乗り継ぎで最低2時間、それ以上になると6時間以上も待たないといけないプランもたくさんあります。

 

乗り継ぎの有効活用

上記の検索でヒットしたプランは、往復ともに航空会社は「エアマカオ」で、帰りは中継地マカオに深夜1:30頃に到着します。すなわち関空行きの出発まで9時間ほど乗り換え待ちが発生します。

ということは、この乗り換え待ち時間を有効に使わない手はない。

あくまでプランですが、夜のマカオに少しだけでも遊んで帰るのもありだと思います。空港からマカオ中心街は近く、また眠らない街なので深夜でも楽しめるとこはあります。

そういう風にポジティブにとらえると、メインのダナンも年末年始しっかり楽しんで、帰りはマカオでその余韻とともにきらびやかな夜景を見て帰るのも魅力的ではないでしょうか。

ツアーでしか海外旅行をしたことがない方にとって、あまりピンッとこないかもしれませんが、乗り継ぎの時間は別に空港内で過ごさないといけないわけではありません。時間があれば一度乗り継ぎ国へ入国して、遊んでからまた出国することもできるのです。その際に、スーツケースなどを飛行機に預けている場合は、入国して遊ぶことを想定して、必要なものは手持ちの方へ移しておくなどの準備が必要です。

 

注目の総費用は?


一人あたり、¥87,027。

ちなみに同じホテルでフライトスケジュールをもう少し理想に近づけると


プラス¥48,144となるので、1人あたり¥129,287になります。

この値段差で考えると、単純に時間をお金で買うというレベルでは個人的にはないので、前案の安いほうに軍配が上がります。

あと、早割りが適用されていてこの値段だと推測しますが、タイミングによってはもう少し安くなると予想してます。

同じくらいの条件で7万円台になれば即予約をするつもりです。

 

まとめ

エクスペディアの良い点は、在庫状況を提示しているところです。

よくありがちな話で、予約手続きで個人情報を一生懸命登録して、あとは予約完了ボタンを押下するだけ!と意気揚々と押すと、「このフライトは空きがありません」とか言われて、「おい~!!」ってムカツクときありませんか?

そう考えると、当たり前のサービスのように思えますが、エクスペディアは親切です。そしてTポイントもためれます。

検索サイトとしてはとても優秀な設計です。料金もその他大手サイト、たとえば「HIS」や「DeNAトラベル」などと比較しても、ホテルとのセット料金は安いです。

いろいろ工夫すれば、もっと安く旅行に行ける方法はありますが、一括で航空券もホテルも検索でき、そして一括で同じ会社が手配してくれているほうが安心できると思います。

たまにカラ航空券をつかまされたとか、ホテルが行ってみると予約されてなかったなどのトラブルも耳にします。

最大限に楽しむためにも、ぜひエクスペディアをチェックしてみてください!

>>さっそくホテルの空室を検索<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です