【台湾旅行】高雄を最後まで楽しんで帰ろう!お土産も世界一で買っちゃおう!

さてさて、最終日行きますか。

なんか最終日はいつも寂しい気持ちと、日本では感じない芯からくる疲れが心地よい。

あ〜、昨日の夜食べた海鮮料理もう一回食べたいな〜。ミンミン元気かな〜。もうちょっと寝たいな〜。

みたいな、ちょっとだだをこねてみたくなります。

 

とか言いつつ、朝から動く。


朝は7:00。ネットでの口コミが高かった肉まん屋へ向かった。


朝からこの混雑ぶり。


メインはせいろで蒸された肉まん。トレイを持って並ぶと、おばちゃんがお皿に乗せてくれる。


うまそ〜。というか、美味い。


その他にも豆乳、餃子、ご飯(具は太巻きに入っているデンブみたいな味がする)を購入した。


店内はこんな感じ。

テイクアウトもできるので高雄に行ったら是非行ってみてください。

店名:興隆居
住所:台湾高雄市六合二路184,186號

 

次は世界一のパン屋さんへ。


パンのオリンピックで2010年にチャンピオンになったパン職人が営むパン屋「吳寶春麥方店」

行列ができると聞いていたので開店前にお店へ到着。確かに並んでいる人はいましたが、10人ほどの行列で済みました。


これが世界一のパンたち。

店内には高級感溢れるパンがズラリと並んでいました。あんぱんもありました。


洋菓子もあります。


台湾のお土産で有名なパイナップルケーキも売っています。

 

店名:呉寶春麥方店(高雄市)
住所:高雄市苓雅區四維三路19号

 

詳しくはこちら


朝から動くとこうなります。


しばらくするとこうなります。

 

 

 

 

 

(夢の中)

 


台湾ってお茶でも有名なんだよな〜。むにゃむにゃ。

 

 

 


台湾ビールにはパイナップル味とか、グレープ味とか、マンゴー味もあるよ。。。

 

 

 

 


せいろ工場があった。日本に通じるような繊細な職人技がそこにあった。。。。

 

 

 

 


変な建物はたくさんあったけど。。。。

 

 

 

 

 

台湾・高雄、ほんとに楽しかったな〜。

 


ここは宇宙かっ!

 

 

 


はっ!

 

気づいたら空港にいました。

2泊3日の大満足な高雄旅行は、人の優しさにたくさんふれて、美味しい食べ物をお腹いっぱい食べて、リュックを背負って高雄の街をたくさん歩きました。

一緒に行ったメンバーの心の中にも、ボクと同じような気持ちが芽生えていることでしょう。

謝謝!再見!

 

まとめ

今この記事を編集しながらも高雄のことを思い出し、今すぐに関空へ向かいたい気持ちになっています。こんな素敵な旅をこれからもいろんな仲間と行けたらいいなと思います。幸せ者ですね。

さて、台湾・高雄は関空から2時間30分で行けます。

航空券とホテルで4万円でした。

現地で2万円分を台湾元に両替しましたが、結局のところ15,000円ほどしか使いませんでした。6万円あればこんなに楽しいことが味わえるのです。

高雄地震があって、正直行く前は不安でしたが、現地では地震の影響はまったく見れずその点も良かったです。

3回にわたるこの記事を最後まで読んでくださった方には、高雄の良さが伝わっていれば本当に幸せです。

もし、高雄に行ってみたい!と思ってもらえたらさらに幸せです。

みなさんの人生が笑顔でありますように。

・1日目を読む

・2日目の記事を読む

合わせて読んでほしい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です