京都縦貫道(京丹波わちIC~丹波IC)開通記念!京丹後にある砂方海水浴場へ行ってきました!

2015年7月18日(土)に、京都縦貫道の京丹波わちIC~丹波IC間が開通したことにより、名神高速道路・新名神高速道路からでも天橋立まで行くことが可能となりました!

その記念と称して!京都・丹後半島にある砂方海水浴場へ行ってきました!

京都縦貫道で変わる京都府北部


7月25日(土)、その前の週は台風11号による影響で各地で大荒れだった日本列島。

そして、間髪はさまずに台風12号が接近していました。

台風接近に伴う大雨で、今日をさかのぼる2日前までは天気は不安定で、今日が晴れることを予想するのが難しい状況でした。

当日の朝、6:40にはメンバーを車でひろい、BBQセットやらテントやら、釣具などの遊具もバッチリ積み込んで7:00には出発。

目的地最寄のIC(与謝天橋立)まではおよそ片道2時間。道中は渋滞もなく、軽快に車が進んでいく。

開通した「京丹波わちIC~丹波IC」のま新しい道を走りながら、この区間が開通する前のことを少し思い返していた。

「やまがた屋」はどうなっていくのか?


京都市内から北部へ向かう道中でお世話になる道の駅に近いスポット

少し大げさなタイトルにしたが、やまがた屋さんからすれば余計なお世話だろう。(笑)

なぜ心配しているのかというと、今回開通した区間はもちろん完成するまでは一般道を通っていたわけけですが、のどかな京丹波の田舎道を1時間ほどかけてわちIC、もしくは丹波ICを目指します。

その京都縦貫道(丹波IC)を降りてすぐのところにやまがた屋はあります。いわゆる休憩所です。

やまがた屋にはミスタードーナツなどのチェーン店が入るフードコート、同じ敷地内にはコンビニなどもあります。

丹波地方のお土産物も充実しており、いわば福井や京都丹後方面などの国道27号線を走る上で多くの人が立ち寄るオアシスなのです。

それが今回の区間開通で下道を利用する人が減れば、やまがた屋自体にも大きな影響はあるのではないかと思った。何度もお世話になった身なので、今後が気になるところではある。

まだまだSA(サービスエリア)が少ない京都縦貫道

京都縦貫道に話を戻してみると、SAが圧倒的に少ないと感じます。

現在は「由良川PA」・「南丹PA」の2箇所のみ。

開通前の下道を走行する時代であれば、途中コンビニやスーパー、ガソリンスタンドもあるのでそこまで苦には感じなかったが、高速道路を走る上でトイレは大きな問題です!

今後大きな問題となるかもしれない理由がひとつあります。

いま京都府北部は変わろうとしています!


http://www.uminokyotohaku.jp/

海をテーマに京都北部の市町村が協力して、「海の京都博」と題し、町おこしを行っています。

当然、交通量の増加が見込まれますよね。

となると、渋滞も増えるだろうし、SAの少なさは今後の課題でしょうか。

それでも、グルメや情報の基地として充実したSAが たくさんできれば楽しくなりそうです!

 

砂方海水浴場に到着


与謝天橋立ICを降りて、そこから更に下道で45分ほど進むと、そこはほぼ京都最北端。

すご~く田舎で、すご~くのどかで、”夏休みに変えるおばあちゃんの家”(イメージ)のような景色・町並みが広がります。


砂方海水浴場もビーチとしては狭く、隣接の駐車場も30台もとめれば満車といったところのローカル海水浴場。


駐車場代も1,500円と割高な印象だったが、のちに値段相応だと納得することになります。

トイレはちゃんとした公衆トイレが備わっており、水しかでませんが屋外シャワーも無料であります。

また、簡易な炊事場もありますし、その他、包丁を貸してほしいとか、パラソルがうまく立てれないとか、困ったことがあれば駐車場のおっちゃんに言えば助けてくれます。

海水浴スタート!海の中はどんな感じ??

一通り準備が整ったら、準備体操をして、海に向かいます。

この砂方海水浴場は、砂浜から海の中へ入るとすぐ岩になります。なので、浮き輪でプカプカと浮いているのを楽しみたい人向けではないのかもしれません。

どちらかというと、シュノーケルマスクを装着して、海の中の生物を見たり、獲物を探してハンター体験をするようなアクティブな海水浴場です。

そういう立地上、子供連れのファミリーが多く、子供たちとっては最高の自然と触れ合える環境です。

当然、僕は狩りをします。

普段はスマホのうんちく語ったりしているシティ派な僕ですけど(笑)実はハンターなんです。

シュノーケルマスクとモリを持って、海へと繰り出しました。

浜辺から50mほどは足がつく程度の水深。岩のところどころに小魚などがいて、おのずとテンションもあがります。

10分ほどそんな海の中の景色を楽しんでいると、水深2mほどのところで何やら殺気めいた視線を感じました。

ま、まさかっ!こいつはもしかしてっ!

ただ、どこから見られているのかがわからず目を凝らして海底を探していると、岩と岩の間にないやら黒く、そして異様なまだら模様の”何か”がいることに気づきました。

小さな瞳で、自分のほうを睨んでいるような気さえもする。

意を決して、モリを片手に潜水。そしてその”何か”めがけてブスリッ!!

すると、微かにあった手ごたえから一変!姿こそは見せないものの、複数本の足がモリに絡みついてきます!

そうです!こいつはオクトパス!

いや、もしかしたらどこかの海賊映画に出てきた、ディヴィ・ジョーンズかもしれない。。

息がもたなくなり、一旦浮上。そしてもう一度アタック。

この日は波が少し高かったせいもあり、僕は少し海水を飲みすぎていました

格闘開始から10分は経過しており、なかなか岩の隙間から姿を現さないジョーンズに対して、少し気持ちで負けそうになっていた。

次が最後だ。。

乱れた動機を整えて、いざ決戦へ!

モリについたゴムのテンションを目一杯張り、できる限り海底までもぐった。そして、モリを放つ。
完璧にとらえたモリをゆっくり獲物ごと引っこ抜くために、海底で岩に足をかけながら少しずつ抜いていく。

やっと、姿を現したディヴィ・ジョーンズ。

急いで海面に浮き上がり、モリの先に刺さったあいつを天高々に突き上げた!

「獲ったどー!」

最後の力を振り絞って、近くにいた仲間のもとへ。

たぶんというか、誰も潜って数十分でタコ獲ってくるなんて想像してなかったんでしょうね。むちゃくちゃ驚いてました。(笑)


タコは大当たりなのかもしれませんが、動きの遅いアイナメ(アブラメ)などは比較的モリでも突きやすいので、モリの取扱には十分注意しながら、是非ハンター体験してみてください!

獲った獲物と用意してきたお肉で夏はBBQでしょ!


あらかじめ買ってきたお肉と、おにぎりなんかも持参して、炎天下の下で汗はダラダラになりますが、
やっぱり太陽の下って気持ちがいい!


モリで捕獲したアイナメ(アブラメ)もおいしそうに焼けてます。


見てください!このボリューム!しかもむちゃくちゃ美味しかった。。。

みんな噛めば噛むほどに味が出るから、かぶりついてました!


タコで遊ぶくらいはしゃいでました(笑)

まとめ

今回 丹波わちIC~丹波IC の開通により、グッと近くなった京都府北部。

更に町おこしや、今後のSAの発展などにも期待がかかり、夏だけに限らず冬も魚介類がおいしく、また違った京都府北部が楽しめるはずです。

今後、京都縦貫道は鳥取まで繋ぐ道路を建設中ということもあり、キレイでのどかな日本海がより一層魅力を増すことに違いありません。

まだ夏は残っているので、京都北部の花火大会などもチェックしてみてはいかがでしょうか。

京都花火大会情報【2015】はこちら
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です